入れ歯でお困りの方へ

入れ歯のイメージ写真

健康で素敵な人生を送るには、お口の健康が非常に大切です。
成瀬駅前アライフ歯科クリニックでは、患者様がおいしく食事を楽しめるよう、入れ歯の治療にも力を入れています。
入れ歯を装着する目的は、ただ単に咀嚼機能を回復させることだけではありません。
しっかりと噛めるようにして神経を活性化させ、認知症の改善や身体活動を向上させる目的も担っているのです。
製作する際には、機能性や快適性、耐久性、審美性に配慮し、患者様一人ひとりに合ったオーダーメイドの義歯に仕上げていきます。

義歯の不適合による主な症状

  • 頭痛、肩こり、首の痛み、背中の痛み、腰痛
  • 胃の痛み、胃もたれ、便秘、下痢
  • 集中力の低下
  • 気分の落ち込み、精神的な悩み
  • 吐き気、嘔吐、食欲減退
  • 免疫力の低下による感染症リスクの増加 など

入れ歯の種類

レジン床義歯

歯茎に密着する床の部分がプラスチック製の入れ歯です。保険適用なので、比較的安くつくれます。但し、顎底の部分が厚いため、飲み込みにくかったり、話しづらくなったりすることがあります。また、熱が伝わりにくいため、食べ物の温度を感じにくくなりがちです。ただし、修理や調整は比較的容易です。

金属床義歯

金属床義歯の写真

床の部分が、金属でできた入れ歯です。薄く作れるため、発音がしやすく、違和感も少なくて済みます。また、冷たいものや温かいものの熱感が伝わりやすいので、食事をより楽しむことができます。体との親和性に優れていて適合性が良く、耐久性もあり、汚れが付きにくく、清潔です。ただ、修理が難しいうえ保険適用でないため、製作費用は高めになります。使われる金属の種類により、ゴールド床、チタン床、コバルトクロム床などがあります。

ノンクラスプデンチャー(金具のない入れ歯)

ノンクラスプデンチャーの写真

部分入れ歯は通常、金属の金具を残っている歯にひっかけて使います。場所によっては前歯に金具をひっかけるのでとても目立ってしまいます。
当院では弾性のある特殊な素材を使うことによって金具を使わない入れ歯を作ることができ、さらに少し柔らかい素材のため痛みもでにくいという特徴があります。